【簡単レシピ】
レブヒート&アグア・デ・ヴァレンシア

2017.04.19

moc_top_pickup_03

シェリー酒を炭酸飲料で割ったレブヒートは、セビージャの春祭りなどでよく飲まれる、爽やかなドリンク。アグア・デ・ヴァレンシアは、その名から「水」?または見た目からオレンジジュース?と思いきや、カヴァ、ジン、ウォッカなどが入った、ちょっと強めのカクテル!どちらも、爽やかな、暑い夏にピッタリのドリンクです!

レブヒート

材料
ドライシェリー(あればマンサニージャ、なければフィノで) 炭酸飲料(7up、スプライト、三ツ矢サイダーなど)

作り方
1 氷を入れたグラスに、ドライシェリーを1、 炭酸飲料を2の割合で注ぎステアする。
2 ミントなどを飾る。

 

アグア・デ・ヴァレンシア

材料
オレンジジュース(できればオレンジを絞った生絞りジュース) 500cc
カヴァ(セミドライ) 500cc
ジン 50cc  
ウォッカ 50cc

作り方
1 氷を入れたピッチャーに、オレンジジュースと カヴァを10:10の割合(同量)/10で注ぐ。
2 それぞれ1/10の割合のジンとウォッカを加える。
3 輪切りのオレンジを加えてステアする。

 

Point
お酒の割合はお好みで。レシピはアルコール分が少なめ(だと思われます)。 アグア・デ・ヴァレンシア、オリジナルは砂糖を加えて、ぐるぐるかき混ぜます! ジンやウォッカ以外のリキュールを混ぜることもあるみたいです!